気まぐれ美術館 (新潮文庫)

3.56
  • (8)
  • (2)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 91
レビュー : 7
著者 :
nekotunaさん 本・雑誌   読み終わった 

文庫が出た当時以来の再読。およそ20年ぶりか。あの当時はわからなかった、洲之内徹の文章の機微がようやくみえてきたように思うなど。そして、山荘記の意味を深く考えるなど。(松本竣介を目当てで当時読んだのだったか。思い出した。)

レビュー投稿日
2019年1月2日
読了日
2019年1月2日
本棚登録日
2018年10月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『気まぐれ美術館 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『気まぐれ美術館 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『気まぐれ美術館 (新潮文庫)』にnekotunaさんがつけたタグ

ツイートする