虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

3.69
  • (138)
  • (219)
  • (259)
  • (32)
  • (7)
本棚登録 : 1908
レビュー : 227
nekoya312さん  未設定  読み終わった 

同年代のこのお二方の対談集、実に興味深く読めました。
共通しているのは現代の世の中や子育て環境への憂慮。何かが違う、何かが変だ、と感じる感性が失われつつあることへの警鐘。
しかしけして深刻ではなく、むしろ淡々と飄々と語られている。

読めば、感じるものの多い本だと思いました。

それぞれによる後書きがなんとも良いです。

レビュー投稿日
2017年3月23日
読了日
2010年1月11日
本棚登録日
2017年3月23日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『虫眼とアニ眼 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『虫眼とアニ眼 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする