ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

3.63
  • (44)
  • (78)
  • (116)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 602
レビュー : 77
nemurisugiさん 海外ミステリー   読み終わった 

登場人物の中に、作家、とても賢い裕福な老婦人が出てきて満足(どちらも私の好物!)でした。クリスティー作品では、犯人が誰なのかを楽しむよりは、上品な会話とか雰囲気を求めて読むことが多いです。

それにしてもポアロがストッキングを買う所が可笑しかった。本当に他人にどう思われようと気にしないんだなぁ。

「私はいつも間違いません。きまって私の方が正しい結果になるので、自分ながら驚いています。」
 と自信満々に言い放つ辺りもツボでした。こんな人が実際そばにいたらいやだなぁ。ポアロの変人ぶり炸裂でした。

レビュー投稿日
2014年7月23日
読了日
2014年7月23日
本棚登録日
2014年7月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリス...』のレビューをもっとみる

『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ひらいたトランプ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)』にnemurisugiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする