年末年始、実家で暇だったので何気なく手を伸ばしてみたところ、予想以上に面白かった。これは単なるミーハー本ではなく、ちゃんと読めば新しい知見をしっかり与えてくれる本。

豊富な具体例のおかげで、自分の理解を十分に確かめながら読むことができた。ロールズの章は特に読み応えあり。

2015年1月5日

読書状況 読み終わった [2015年1月4日]

This book is just right for the first learning of the set theory because of its readable contents and accessibility.

2014年12月12日

今年度のゼミでは原著のルソーの章を輪読する。やはりロールズは抜群の名文家だなぁ、と。

2014年4月23日

高2の夏休みに課題図書として読まされたときは何が何だかサッパリだった。大学で専門の勉強をした今、再読してみると面白いぐらい引き込まれる。素晴らしい本を紹介してくれた、国語の教科担当の先生に感謝。

2014年4月23日

読書状況 読み終わった [2014年4月7日]

『春の雪』『奔馬』『暁の寺』に続く豊饒の海の最終巻。四巻を通すととても長い小説で、読み切るのに丸々一月がかかった。ただ、その労力に見合う価値は十分にある大作。

暁の寺に差し掛かった辺りから、何か恐ろしさを感じ始めた。老いや死に対する恐怖。年老いてく本田に人生の儚さを発見した。

読了時の達成感はさることながら、同時に安心感を得た。なんだろう、不思議な小説。

2013年9月5日

読書状況 読み終わった [2013年8月29日]

妻が死ぬ間際に遺した遺言を頼りに夫がインドに妻の生まれ変わり探しに行く話。読みやすくて面白いし、考えさせられるしで贅沢な一冊。

2012年10月10日

読書状況 読み終わった [2012年10月10日]
ツイートする