小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

3.86
  • (493)
  • (749)
  • (499)
  • (82)
  • (28)
本棚登録 : 4690
レビュー : 756
著者 :
magpieさん 文芸書   読み終わった 

「怖くてあってはならないこと」は本当はたくさんあって、「それでいい」と流されて、真実をどれだけ自分が知っているのかを想像した。
最近はSNSが流行し簡単に自分の気持ちを書きこむ場所が増えたけれど、流れに同調した意見か、真実に近づいた発言なのか、本当に自分の意見なのか…自分自身も安易に使っているけれど、その発言に責任を持ち、かつその内容を見極めるだけの力を養いたいと考えさせられた。
全ての事の真実を知る事は無理でも近しい存在の真実は大事にしたい。その中で見極めた真実を力にかえて走り出せたらそれが良いとも…
久しぶりに宮部先生の作品を読みましたが、読後はとてもスッキリしました。

レビュー投稿日
2019年5月10日
読了日
2019年5月10日
本棚登録日
2019年5月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』のレビューをもっとみる

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』にmagpieさんがつけたタグ

ツイートする