ドイツ帝国の興亡―ビスマルクからヒトラーへ

3.40
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
nfujishimaさん 歴史   読み終わった 

サブタイトルの通り、ビスマルクによるプロイセンを中心としたドイツ統一から、ヒトラーの敗北でドイツが分断されるまでのドイツ現代史を、とても臨場感たっぷりに描いている面白い本でした。
1987年に出版された本なので、まだドイツ統一前の状況なのですが、わずか2年後にはベルリンの壁崩壊が起きたにもかかわらず、作者は「このようにできあがってきた両ドイツ国家が、一つの機能的な国家に融合するような再統一は、理論的にすら考えることができない」と述べており、この時代の激動ぶりにも感慨深いものがあります。

レビュー投稿日
2018年5月26日
読了日
2018年5月26日
本棚登録日
2018年5月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ドイツ帝国の興亡―ビスマルクからヒトラー...』のレビューをもっとみる

『ドイツ帝国の興亡―ビスマルクからヒトラーへ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする