人にはススメられない仕事 (角川文庫)

  • 角川書店
3.55
  • (4)
  • (9)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 5
4

ハップは大体いつも半ば不本意ながら騒動に巻き込まれていって、必ずヒドイ目に遭うんだけど、今回もかなり過激。原題の「RUMBLE TUMBLE」は「ひどい騒ぎ」という意味だそうだが、まさにその通りの展開だ。国境を越えてメキシコまで繰り出す羽目になったハップとレナードの運命にもうハラハラドキドキ。

このシリーズが、単純なヒーローもの、もしくはアンチヒーローものにならないのは、ハップとレナード、特に語り手であるハップの性質によるところが大きいと思う。「馬糞の山に足を突っ込んでも悪態をつかずに子馬を探す」とレナードが評するハップだが、ラストの述懐はしみじみ胸にしみる。

「おれは火を吹く銃と血の匂いと硝煙のことを思い、あのとき俺を襲った、奇妙で恐ろしい熱情を思った。銃や暴力があまりに自分の一部になっているから、こんなにもそれを恐れるのだろう。たぶん、自分の中に爆弾を抱えている男ほど、暴力に敏感で、暴力に誘惑され、暴力を恐怖するのだろう」

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 海外ミステリ
感想投稿日 : 2018年8月17日
読了日 : 2018年8月10日
本棚登録日 : 2018年8月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする