自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)

3.04
  • (3)
  • (21)
  • (47)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 267
レビュー : 44
たまもひさん 国内ミステリ   読み終わった 

正直言って1は期待外れだった。でも、乾くるみ・若竹七海作品が載っているので読むことに。

いやあ、若竹七海「忘れじの信州味噌ピッツァ事件」がおもしろかったあ。タイトルから想像できるとおりのユーモアミステリで、笑いながら読んだ。「御子柴スイーツシリーズ」は未読。早速読まなくちゃ。楽しみだ。乾くるみ「同級生」は、よくある話のようにも思えるが、最後のまとめ方が独特で、やはり読ませる。

しかしまあ、1を読んだときと同じことをまた思う。これってどんでん返し?ちょっと違うんじゃないか?「どんでん返し」っていうと、最後の最後でそれまでの景色をドッカーン!とひっくり返すようなのをイメージしちゃうなあ。「イニシエーション・ラブ」とか「葉桜の季節に君を想うということ」とか、ああいう感じで。短篇集ならディーヴァー「クリスマスプレゼント」がまさにどんでん返しの宝庫。そういう意味ではかなりもの足りないです。

レビュー投稿日
2017年3月30日
読了日
2017年3月30日
本棚登録日
2017年3月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫...』のレビューをもっとみる

『自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする