のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)

4.04
  • (80)
  • (82)
  • (59)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 597
レビュー : 62
著者 :
たまもひさん エッセイ・紀行・回想   読み終わった 

これは単行本で読んだんだけど、文庫版は二分冊になって、カラーページが追加されているではないか。そのカラーページがすごくくだらなくて良いなあ。VOWとはどこか少し違ったテイストで楽しい。

私は総じてお笑い芸人さんがちょっと苦手。加齢と共にお笑いポイントがわからなくなってるってことなんだろうが、特に攻撃的な芸風の人がダメだ。でも、どういうわけか伊集院さんは好き。結構下ネタや乱暴な話もあるんだけど、圧迫感がないというか、気に障るところがないというか。おしゃべりも文章も気分がいいなあと思う。

レビュー投稿日
2018年5月31日
読了日
2018年5月29日
本棚登録日
2018年5月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝...』のレビューをもっとみる

『のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする