土と生きる――循環農場から (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店 (2013年9月21日発売)
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 13
3

「生きる」ということはひとりひとりが一回限り体験できること。
その生き方もまた、運命もあり、選択もあり、偶然もあり・・・でおもしろい。
著者の人生が半ばから明かされてくる。
おもしろい。
翻弄されたのかもしれないし、自ら選んでいったのかもしれない。
著者の言うとおり、細君のおかげ・・・・であることがかなりの比重を占めているに違いない。
それにしても、福島原発事故はこんなところまで影を落としているんだなぁ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 岩波新書
感想投稿日 : 2013年10月9日
読了日 : 2013年10月9日
本棚登録日 : 2013年10月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする