迷走する家族―戦後家族モデルの形成と解体

3.88
  • (8)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 8
著者 :
タカギさん その他出版社   読み終わった 

学生のテキストだからこそ「わかりやすく」てよかった。
標準家族モデルの変容と今後の課題まで述べられている。
家族社会学を俯瞰できる。

レビュー投稿日
2011年1月25日
読了日
2011年1月25日
本棚登録日
2011年1月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『迷走する家族―戦後家族モデルの形成と解体』のレビューをもっとみる

ツイートする