西の魔女が死んだ

3.96
  • (322)
  • (213)
  • (322)
  • (13)
  • (3)
本棚登録 : 1455
レビュー : 291
著者 :
nico314さん 梨木香歩   読み終わった 

まいは小学校を卒業し1か月程たった頃、中学校にはもう通わないときっぱりと母親に宣言した。母はまいに不登校を続けていた理由をたずねることはせず、田舎の祖母の家でしばらく暮らしてみることを提案する。
母親が単身赴任の父親と電話で話す内容から、自分は母親をがっかりさせてしまったと感じとる、まい。
祖母にもそう思われてしまうのではないかと不安な気持ちを抱えつつ、大好きなおばあちゃんの家へと向かう。

久しぶりに会った祖母は、まいと一緒に暮らせることをうれしいと話し、まいが生まれてきてくれたことを、心の底から感謝しているのだと教えてくれた。

周りに民家のない田舎の暮らし。野菜を育て、家で飼っているにわとりが生んだ卵を朝食にいただく。昼には掃除や庭仕事をし、夜には縫い物をして過ごす。
規則正しく、丁寧に毎日を繰り返していく祖母。年齢を重ね、経験による実感のこもった祖母の話は味わい深い。まいは特別な能力を持っているらしい祖母の話から自分も魔女を目指して修行することを決める。
魔女にとって大切なことは、自分で決めることとそれを最後までやり通すことだと祖母はいう。
そのために生活を見直し、周りの人に流されたり心を乱されることのないよう、自分と向き合っていこうとまいは努力する。

とても情緒的で、美しい文を堪能できる喜びでいっぱいになる。情景の描写の鮮やかさも会話の中から滲んでくる温かみも梨木さんらしく、うれしくなってくる。
まいの少女らしいまっすぐな気持ちや正義感、人を思う気持ち。祖母の丁寧な暮らしぶりと穏やかな言葉の中にある毅然とした力強さ。
読みながら、時間にただ流されて思考停止している毎日を恥じたり、また自分の弱さを認められる強さもあるのだよと背中に手を当てられたような温もりを感じたりした。

恐らく読んだ時の自分の状況によって感じ方がずいぶん変わってきそうな本だ。誰の立場で読むか。現在自分が対峙しているものは何なのか。その時々で、気づくことも見えてくる情景も大いに変化するだろう。再読が楽しみである。そのとき、私はどのような感想を持ち、その感想にどのような自分が映し出されるのか。

1か月ほど祖母と暮らした家から、いよいよ自宅へ戻ることを決めた頃、ようやく、まいの口から不登校になった原因が語られる。

うーん。ここまで待つのは相当難しいよね。
人は時間の経過(もちろん、人それぞれの時間が必要ではあるが)とともに、自分が整理され、語る言葉を見つけ出す。それを周囲が急かすことなく、同情のような脅しによって追い詰めることなく、じっと待っていられるか。
こちらがきっかけを与えたとしても、相手が自らそうしよう、そうしたいと決めるのを待つためには、相手を信じ、その人の力を信じ、必ず人は成長するのだと信じるほかはない。

最後の最後に守られた祖母の約束。亡くなった後に残るその人のぬくもり。
別れを経験したすべての人に、失った人を愛情に満ちた気持ちで思い出させる余韻を残している。

追記
お仲間さんに、「文庫には、その後のストーリーがあるそうだけど、知ってる?」とたずねたところ、「どうだったかなあ・・。うちにあるから、貸しましょうか?」ということで、それを、読むことができました。
また、あとがきも素敵で、おまけの楽しみを手に入れることができました。

レビュー投稿日
2015年2月1日
読了日
2015年1月21日
本棚登録日
2015年1月24日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『西の魔女が死んだ』のレビューをもっとみる

『西の魔女が死んだ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『西の魔女が死んだ』にnico314さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする