ロシア革命100年の謎

3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 3
水上さん 小説以外   読み終わった 

ロシア革命より100年前〜現代まで、ロシア史を主に文学史の側面から専門家同士で対談したもの。ドストエフスキーを読むために付け焼き刃でもひとまずロシア氏の流れくらいは頭に突っ込もうと思って手に取ったのだけど、結構面白かった。というか、亀山さん単著や他の人との対談だと彼の割に独断的な思い込みやらなんやらが前面に出てきてしまっている印象を受けるのだけど、ここではうまいこと沼野さんによって相対化されており、バランスの良い話になっていると思う。言及されるものどれもが興味深い。ロシア文学の素養をもっとつけたい、と素直に思える本だった。

レビュー投稿日
2019年3月25日
読了日
2019年3月20日
本棚登録日
2019年3月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロシア革命100年の謎』のレビューをもっとみる

ツイートする