一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

4.09
  • (743)
  • (742)
  • (388)
  • (58)
  • (19)
本棚登録 : 7277
レビュー : 740
制作 : 高橋和久 
一塔さん  未設定  読み終わった 

 政府に不都合な記録全てをそのつど書き換え歴史を思うがままに改竄し、党員同士の監視により不穏分子は可能性の段階から排除していく管理社会。最小限度まで語彙を削減し言語表現を破壊することで人間の思考範囲を狭めようとする試みに加え、対立項を(矛盾していると知りながら)両方とも受け入れる思考法の醸成など、恐ろしい政策てんこ盛り。
 
 それらの目的はみな人間の思考(精神)をいかに支配するかに集約されており、偽りの服従さえも許さない、権力欲のおぞましさを描いている。
 そしてなお不気味なのは、独裁者自体はただのシンボルに過ぎず、こうした残酷な社会を延々と機能させ続けているのは他ならぬ国民なのだというところにある。
 
 恐怖と憎悪がいかに容易く人間を壊し、空っぽになるまでぐちゃぐちゃに壊された精神がどのように洗脳を受け入れていくかを描くことで、人間の「精神」に対する無根拠の信頼に懐疑を投げかけているところがえぐい。
 
 いっぽう解説を読んでなるほどと思ったのは、附録の「ニュースピークの諸原理」がオールドスピークで、未来の視点から書かれているところに、道徳的秩序の回復と救済がほのめかされているということ。決して道徳的な人間性を否定するだけでなく、簡単に歪んでしまう人間性を踏まえた上で、私たちにできることはあるのだという希望を残しておくところに、この作品の本質はあるのだと思いたい。

レビュー投稿日
2014年9月6日
読了日
2014年9月3日
本棚登録日
2014年9月3日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文...』のレビューをもっとみる

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)』に一塔さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする