モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

3.92
  • (328)
  • (468)
  • (279)
  • (55)
  • (12)
本棚登録 : 4345
レビュー : 477
制作 : 大前 研一 
nishitomo0810さん  未設定  読み終わった 

「ハイコンセプト」に惹かれて、ダニエル・ピンク氏の著書を手に取ってみた。日々の仕事に嫌気がさしている。モチベーションが上がらない社会人必見の1冊。

・ある活動に対する外的な報酬として金銭が用いられる場合(モチベーション2.0)、被験者はその活動自体に本心からの興味を失う。if-then(交換条件つき)の報酬ともいうが、「これをしたら、あれをあげよう」は、自律性を奪う。お小遣いで釣って息子にゴミを出させる。するとほぼ確実に、その子はお小遣いなしではゴミを出さなくなる。最初の金額のもたらした興奮が冷めてきたら、相手を従わせるために、やがてその額を増やさざるを得なくなる。
ただし、これをnow that(思いがけない)報酬に変えれば、影響は少なくなる。「素晴らしい仕事をしたから、ご褒美にご飯でもご馳走しよう!」。あわせて、①具体的でない報酬、②有効な情報(褒め言葉)を与えるとモチベーションは下がりにくい。

・ルーチンワークなどのそれほどやりがいを感じられない仕事には管理が必要。非ルーチンワークのように興味を喚起する仕事は、自発性が頼りとなる。

・報酬には本来、焦点を狭める性質が備わっている。解決への道筋がはっきりしているルーチンワークには効果的。前方を見据え、全速力で走らせるために有効だ。一方、右脳的な仕事、柔軟な問題解決や創意工夫が要求される仕事に対しては条件付き報酬がむしろマイナスに影響するおそれがある。

・自己決定理論。人には生来、能力を発揮したいという『有能感』、自分でやりたいという『自律性』、人々と関連を持ちたいという『関係性』の3つの心理的欲求が備わっている。

・タイプI(intrinsic)とタイプX(extrinsic)。タイプIは外部からの欲求よりも内部からの欲求をエネルギーとする(モチベーション3.0)。タイプXは外部からの欲求によってエネルギーを得る(モチベーション2.0)。あなたに活力を与えるもの、朝起きてから1日頑張る活力の源は、あなたの内側から生じているか?それとも外部から強制されているか?

・タイプIにとって、主な動機づけは、活動における自主性、やりがい、目的。タイプXの行動は石炭(使い切り)、タイプIの行動は太陽(再生可能)だと言える。

・自律性を維持するには、「何をするのか(task)」「いつするのか(time)」「どのようにするのか(technique)」「誰とするのか(team)」かがカギ。特に「誰とするのか」は先に生まれた家族のようなもので、その組織に入る前に慎重に選ばなければならない。

・マスタリー(熟達)とは何か価値あることを上達させたいという欲求だ。
・mustとcan。従業員のmustとcanが一致しないと、職場で欲求不満が起こりやすい。課せられた業務が個人の能力を超えると不安が生まれる。逆に能力以下の業務を課せられれば退屈になる。

・マスタリーは「マインドセット」だ。目標には2つある。
達成目標:フランス語で優をとる
学習目標:フランス語を話せるようになる
得意だとは感じていなくても、学習目標があれば、生徒は粘り強く頑張れる。結局のところ、彼らの目標は学ぶことであり、頭が良いと証明することではない。

・マスタリーは「苦痛」だ。長期目標を達成するための「忍耐力」と「情熱」が必要。懸命な努力の重要性は理解されやすいが、目標を変えずにたゆまず時間をかけて努力を「継続」することの重要性はあまり認められていない。

・マスタリーは「漸近線」だ。目標には近づくことはできるが、達することはできない。それが欲求不満を引き起こし、到達しようとし続ける。喜びは、実現することではなく追求することにある。マスタリーはどうしても得られないからこそ、達人にとっては魅力的なのである。

・マスタリーへ近づく5ステップ
①意図的な訓練には、実力を挙げるという1つの目的しかない
週に1度、10年間テニスをしていても、毎回同じことしかしなければ、実力はあがらない
②とにかく反復
バスケットボールの名選手は、チーム練習後にシュート練習を10本しかしない?
③批判的なFBをもらう
「下手くその 上級者への 道のりは 己の下手さを 知りて一歩目」
④改善すべき点に厳しく焦点を合わせる
得意なことに何度取り組んでも上達しない。上達する人は、弱点に取り組む。
⑤訓練の過程の精神的、肉体的疲労を覚悟する
マスタリーは「苦痛」だ。

キーワード:自己Ctrlをするには、「有能感」「自律性」「関係性」を高める

レビュー投稿日
2015年5月14日
読了日
2014年10月15日
本棚登録日
2015年5月14日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『モチベーション3.0 持続する「やる気!...』のレビューをもっとみる

『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ダニエル・ピンクの作品一覧

ダニエル・ピンクの作品ランキング・新刊情報

ツイートする