北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)

4.22
  • (95)
  • (86)
  • (42)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1051
レビュー : 56
著者 :
ひかりさん 漫画、挿絵、児童画   読み終わった 

旅、ときどき探偵。

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。

あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、
またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、
胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!

若き魔法使いの成長を描いた『乱と灰色の世界』から2年。入江亜季の最新作は極北の大地が舞台の"エブリデイ・ワンダー"!!

レビュー投稿日
2019年3月10日
読了日
2019年3月9日
本棚登録日
2019年3月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミック...』のレビューをもっとみる

『北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)』にひかりさんがつけたタグ

ツイートする