手話の世界へ (サックス・コレクション)

3.90
  • (7)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 8
制作 : Oliver Sacks  佐野 正信 
nnnrrrkkkriiinさん  未設定  読み終わった 

聴覚障害者、その中でも先天的に耳が聞こえないろう者にとっての言語、コミュニケーション(手話)についてかかれた本である。

私は今まで生まれつき耳が聞こえないということを深く考えたことがなかった。しかしそのことは、成長過程において言葉を耳から覚えていくことができないことを意味し、語彙力や知的な遅れはもちろん、一年前や昨日と言った時の感覚を理解するのが難しくなる子も少なくないという。

本文の中には10代を迎えるまでなんの言語も持たずに育った子どもたちが何らかの形で言語に触れ、探究心の芽を開かせる様子などが描かれており、学ぶことには喜びがあるということを改めて気付かされた。

一般的に健聴者と言われる人々は、耳が不自由な人のことをかわいそうという類のマイナスな感情で見てしまうだろう。しかしこの一冊を通して、そう決めつけるのは違うかもしれないと思った。日本語、英語、中国語など様々な言語があるように、手話もひとつの立派な言語であると考えることができたからだ。マイノリティを普通じゃない、かわいそう、と考えるのではなく、それをひとつの文化として認めること、見つめる必要があると思った。このことは聴覚以外のことにも共通して言えることだろう。

レビュー投稿日
2016年10月3日
読了日
2016年10月2日
本棚登録日
2016年10月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『手話の世界へ (サックス・コレクション)』のレビューをもっとみる

『手話の世界へ (サックス・コレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする