まほろ駅前多田便利軒

3.68
  • (624)
  • (1143)
  • (1359)
  • (133)
  • (15)
本棚登録 : 5825
レビュー : 1147
著者 :
のーこさん 小説   読み終わった 

直木賞受賞作品。

なんという突飛な人たちの集まり!
行天に始まり、自称コロンビア人たち、やの付くお仕事に関わる人だったり…多田が引き寄せているのか、行天が連れてくるのかは不明だが、見ているこちらからしたら楽しい。

後半は多田の重い部分が現れるが、読者があまり重く感じないのはこの話の雰囲気だからか、それとも飄々とする行天に引きずられているのか、まんまとこの作品の空気に入ってしまったみたいだ。

多田が便利屋を始めた理由が素敵だった。
「近くにいる存在よりも遠くの存在の方が救われることもある(あやふやですが…)」

レビュー投稿日
2019年8月13日
読了日
2019年6月29日
本棚登録日
2019年8月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『まほろ駅前多田便利軒』のレビューをもっとみる

『まほろ駅前多田便利軒』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする