クローズド・ノート (角川文庫)

3.68
  • (339)
  • (550)
  • (539)
  • (116)
  • (21)
本棚登録 : 3567
レビュー : 546
著者 :
制作 : 牧野 千穂 
nobo0803さん 雫井 脩介   読み終わった 

香恵の部屋の前の住人(伊吹)がクローゼットの中に置き忘れたノートに書かれている日記を軸に話が進んでいく。
最後の展開は最初のほうからわかりやすかったけど、私自身も香恵と一緒に、その日記を垣間見てる感じがして、ドキドキしたり、じ~んとしたりしながら読んでいた。で、最後にはやっぱり泣けました。

伊吹先生が素敵です。子どもに対して一生懸命に向き合ってるし、こんな先生いいな~と思う。私も4年2組の生徒になって伊吹賞がほしいな~。

あとがきを読んで、また涙しました。

レビュー投稿日
2012年9月14日
読了日
2012年9月14日
本棚登録日
2012年9月10日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クローズド・ノート (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『クローズド・ノート (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする