旅猫リポート

4.35
  • (1595)
  • (1017)
  • (382)
  • (58)
  • (8)
本棚登録 : 8130
レビュー : 1377
著者 :
nobo0803さん 有川 浩   読み終わった 

よかったです。
夜中1人で布団の中で読みました。誰も起きてなくてよかった。
号泣です。途中から涙が止まりません。

野良猫だったナナ。悟に拾われ野良猫を廃業して5年。
とある事情で飼うことができなくなり、引き取り手を探しに、友人のところにナナと悟で旅をする。
引き取り手を見つけたい思いもあるけど、お互い最後まで一緒にいたいって気持ちが大きくて、お見合いが失敗するたびに、ほっとしている悟の気持ちが胸にしみる。
そうだよね、一緒にいたいよね・・・。
ナナも最後、もう一度野良猫にもどって、悟の近くにいるところが健気で
こんなに思いあっている2人を引き離さないであげて・・と思いました。

中学生のころに両親を亡くした悟。
悲しい思いをたくさんしているのに、前向きで本当にいい人。
そんな優しい悟だから、悟の周りには心温かい人がいてくれる。
悟がいなくなっても、ナナには悟とのたくさんの思い出が残っている。
ナナの胸の中には悟がいつも居てる。

私もだれかの胸の中にしっかりと思い出として残れる人生をこれから先おくっていかないと・・と涙して読み終えました。

本当に素敵な本でした。

レビュー投稿日
2013年4月23日
読了日
2013年4月23日
本棚登録日
2013年4月23日
16
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『旅猫リポート』のレビューをもっとみる

『旅猫リポート』のレビューへのコメント

まろんさん (2013年4月24日)

noboさ~ん!
いい本ですよね~。。。そして、涙で本を汚さないようにするのがまた、大変で。

自分の身体のことよりもナナの行く末を案じる悟、
厳寒の北海道の冬を、悟のそばに少しでも長くいるため、野良猫として過ごすナナ。
猫に限らず、人に限らず、出会いを大切にして生きなければと改めて思う本でした!

nobo0803さん (2013年4月26日)

まろんさん

本当にいい本ですよね♫
読む前からきっと泣けるだろうなぁと思っていたので枕元にタオルを置いて読みました。
朝早いし、早く寝ないと・・と思いながらも本を閉じたくなくて、2時過ぎまで読んでしまいました。で、そのあとも余韻にひたっていて眠れず(:_;)
翌日の眠たいこと・・・・

まろんさんのおっしゃるように、人に限らず出会いを大切にしたいです。
そう!だから、このブクログでの本との出会い、ブクログ仲間さんとの出会いを本当に大切にしたいなぁと改めて感じました。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする