空飛ぶ広報室

4.14
  • (1280)
  • (1412)
  • (620)
  • (56)
  • (24)
本棚登録 : 10043
レビュー : 1231
著者 :
nobo0803さん 有川 浩   読み終わった 

有川さんの作品を通して、「自衛隊」というお仕事に関心をもつようになった。でも、広報室という部署があるなんて知らなかったなぁ・・・

パイロットの夢を断たれた空井くんが、広報室に移動になり新たな一歩を踏み出していくが、どこか仕事を淡々とこなしているだけ。
夢を断たれたとき、やっぱり感情を吐き出せないのは辛い。自分が自分でないようで・・殻に閉じこもったままのようで。
空井くんが、リカの前で泣けたこと、感情を出せることができたこと、そして、本当の新たな一歩がはじまり、自分の居場所を見つけれたこと。
第1章にして涙、涙。

その後の空井くんの活躍、まわりの人たちも素敵な人ばかりで
読了感の素晴らしい本でした

自衛隊の方々には本当に頭が下がります。

レビュー投稿日
2013年2月4日
読了日
2013年2月4日
本棚登録日
2013年1月26日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空飛ぶ広報室』のレビューをもっとみる

『空飛ぶ広報室』のレビューへのコメント

HNGSKさん (2013年2月4日)

noboさん、こんにちは。
空井君が、リカの前で「俺は足りてたんだよ!!」といって、泣くところ、私も泣けてきました。
そして、鷺坂さんの男前っぷりにも、泣けました!!

まろんさん (2013年2月4日)

noboさ~ん、素敵な本でしたね!

小さい頃からの夢だったパイロットを、自分には全く非のない事故で断たれた空井くんが
断腸の思いで夢をあきらめたあとの、あの頑張り!
自分の操縦でブルーインパルスを飛ばせなくても
広報室の中から、今できる仕事をして、飛ばすんだ!という彼の姿勢に励まされて、
よ~し!私もがんばらなくちゃ!という気持ちになりますよね(*'-')フフ♪

nobo0803さん (2013年2月5日)

ayakoo8000さん

出てくる人達、みんな素敵ですよね。
リカが空井くんの頭をそっと撫でるとこが、好きです。ラストで、空井くんがリカの頭を撫でるのが、またいいんですよね〜

まろんさん

ほんとに頑張ろうと思える作品ですよね(*^^*)
空井くんに、励まされます。
頑張ってる姿が素敵です。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする