リモートワークの達人 (ハヤカワ文庫NF)

3.38
  • (5)
  • (13)
  • (19)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 173
レビュー : 17
nobu2kunさん  未設定  読み終わった 

『#リモートワークの達人』

ほぼ日書評 Day314

原著は2013年刊。これを翌年1月には翻訳単行本化していた早川書房の先見性には恐れ入る。
本書は「あとがき」にもある通り、新型コロナ下での2020年7月に改題文庫化されたものだが、そのスピード感も大したものである(同年春にはリモートワークがここまでポピュラーになり、かつ長く続くと思う人は少なかった)。

そして本書の内容であるが、タイトル負けすることは全くなく、原著刊から7年を経過しているにもかかわらず、逆に昨今の情勢であるからこそ、学びも多い。

以下、気になった箇所をいくつか紹介したい。

「いいと思うけど、僕らの業種には合わないな」
、「小さい会社ならいいけど、うちの規模になるとさすがに無理だよ」…驚くなかれ。2013年、リモートワークを勧められた米国企業での断り文句である。まるで、2000年前後に日本でERPセールス時のそれと瓜二つではないか。「できない(やりたくない)」の言い訳は洋の東西を問わない。

「リモートワークを成功させるコツは、共通のコアタイムを決めることだ完全に勤務時間を自由にすると、メールの返事を翌日まで待たなくてはならないこともある(…)不便なことは否めない。」として時差コアタイムが提唱されている。
それはそれで良いとして、グローバル企業で働いていると、自分の業務時間内にメールを送り、その返事が翌朝に帰ってきていれば良い、そんな期待値で仕事をすることがよくある。逆に、本当に一刻一秒争うような事案であれば、それに対する体制を、組織上層部まで巻き込んであらかじめ作っておくようなリスク管理が当たり前となっている。こうしたメリハリこそが真の鍵になるのでは?

中盤、SPF (single point of failure) を回避するためにも一箇所に集中しないことというのは、けだし慧眼。日本の震災からもヒントを得たのだろうか。

「リモートワークの格差をなくすための原則は、いたってシンプル。高性能な通信機器(…)どこにいても同じ画面が見られるようにすること。議論はなるべくメールやチャット上で行い、知らないうちに意思決定されているのを防ぐこと。そして何よりも、相手の立場に立ってものを考えることだ」と、これも名言と言えよう。

あとは実行あるのみである!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08BWXWK8Q/ref=as_li_qf_asin_il_tl?ie=UTF8&tag=nobu2kun-22&creative=1211&linkCode=as2&creativeASIN=B08BWXWK8Q&linkId=b660a87a4bfb7bea102963e893c0180f

レビュー投稿日
2021年1月14日
読了日
2021年1月14日
本棚登録日
2021年1月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リモートワークの達人 (ハヤカワ文庫NF...』のレビューをもっとみる

『リモートワークの達人 (ハヤカワ文庫NF)』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする