プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻の録音テープ (単行本)

4.45
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 7
著者 :
楽園ダイバーさん 歴史   読み終わった 

第二次世界大戦時の日本の大陸進出から日中戦争、太平洋戦争への拡大、撤退(大本営ではこれを転進とよぶ…)、沖縄戦、原爆投下、そして無条件降伏、幻の放送と言われた短波ラジオ局『ラジオ・トウキョウ』の発信する情報の変遷を追ったドキュメンタリー。
戦況が変化する中で、変化していくラジオ・トウキョウ。読み進めるほどに引き込まれた。今日は寝不足。。。
プロパガンダは今の時代にもあちこちに存在する。
現在発信されている情報にも、良きにしろ悪きにしろ発信する側のなんらかの意図が混ざり込んでいる
情報を鵜呑みにする事なく、「ホンマかいな?」と自分の頭で考え、行動することが必要なんだなぁ。

レビュー投稿日
2015年2月28日
読了日
2015年2月28日
本棚登録日
2015年2月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻...』のレビューをもっとみる

『プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻の録音テープ (単行本)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする