眠る盃

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (6)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 10
4

向田作品を読むたびに思う、惜しい人を事故で失ったものだ、と。亡くなる2年ほど前の作品も結構あって、それらを読み終えるたびに、向田邦子自身が、この2年程後にこの世を去るとは夢にも思っていなかったのだ、ということを思うと、我が身とても同じこと、ということに思い至る。今を大切に生きていかなければ。。
特に気に入った作品。「男性鑑賞法」。再読してみたい。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学
感想投稿日 : 2016年4月8日
読了日 : 2016年4月8日
本棚登録日 : 2016年4月8日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする