数学と語学

著者 :
  • 2012年9月12日発売
3.54
  • (3)
  • (16)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 149
感想 : 13
4

<本から>
語学を修得するにまず単語を覚え文法を覚えなければならない。
しかしただそれを一通り理解し暗記しただけでは自分で話す事も
できなければ文章も書けない。長い修練によってそれをすっかり
体得した上で、始めて自分自身の考えを運ぶ道具にする事ができる。
 数学でも、ただ教科書や講義のノートにある事がらを全部理解した
だけではなかなか自分の用には立たない。やはりいろいろな符号の
意味をすっかり徹底的にのみ込む事はもちろん、またいろいろな公式を
かなりの程度まで暗記して、一度わがもにしてしまわなければ実際の
計算は困難である。
それで語学も数学もその修得は一気呵成にはできない。平たくいえは、
飽きずに急がずに長く時間をかける事が、少なくとも「必要条件」の
一つである。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 語学・教育
感想投稿日 : 2013年7月14日
読了日 : 2013年7月14日
本棚登録日 : 2013年7月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする