偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)

3.85
  • (187)
  • (376)
  • (235)
  • (31)
  • (6)
本棚登録 : 2602
レビュー : 294
著者 :
野田食堂さん ファンタジー   読み終わった 

実は琵琶湖の周りでは特殊能力を持つ日出家と棗家が長年にわたり勢力争いを続けている--そんな舞台で始まるSF的青春小説。現実的な世界観(この作品の場合は滋賀県観?)に突飛な要素を一個ぶち込んで“化学反応”を楽しむ、というのは、「鹿男、あをによし」や「プリンセストヨトミ」など万城目氏の他の小説にも通ずるものです。
ページ数が多いので前半もたつきましたが、ストーリーが進むにつれてどんどん引き込まれました。「しゅららぼん」の意味が分かったときは気が抜けましたが、肩の力が抜けた感じもまた魅力的です。
ところで、日出本家では、実に美味しそうな料理や弁当が登場します。毎日そんなに用意できるってさすがに無理がないか、と心配になるぐらい。一度その料理を食べさせていただきたいと思った次第です。

レビュー投稿日
2013年12月19日
読了日
2013年12月19日
本棚登録日
2013年12月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『偉大なる、しゅららぼん (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする