孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)

4.27
  • (144)
  • (97)
  • (51)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1046
レビュー : 105
著者 :
おこめさん  未設定  読み終わった 

江戸川乱歩らしい気持ちの悪い怪事件でした。
恋人や友人の殺人事件を追ううちに、とんでもない鬼ヶ島に辿り着いてしまう話なのですが、
その島で行われていた悪趣味で不気味な活動や全ての元凶の正体の謎解きが常軌を逸していてとても面白かったです。
端的に月並みな言葉で言えば「キチガイ」物語ですが、
「パノラマ島奇譚」のような不思議で不気味な孤島が舞台で、閉鎖的な圧迫感や死の危険を漂わせながらも暗号解読や宝探しなどもあり、冒険小説のようにワクワクしながら読み進められる不思議な作品でした。

レビュー投稿日
2018年10月30日
読了日
2018年10月30日
本棚登録日
2018年9月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション...』のレビューをもっとみる

『孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする