骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫)

3.52
  • (326)
  • (635)
  • (1345)
  • (56)
  • (2)
本棚登録 : 4885
レビュー : 348
著者 :
おこめさん  未設定  読み終わった 

IWGP第3作目。
本作の表題となっている「骨音」はドラマ版ではスペシャルとして放送されたスープの回のシナリオでした。
ドラマ版では実際にRIZEのライブに置き換えての演出が格好良かったことを覚えています。
「西口ミッドサマー狂乱」は個人的にとてもIWGPらしさを感じました。
また宮藤官九郎の解説が面白く、読み進める中で心当たりがあったものの、どうやら石田衣良ご本人がドラマから影響を受けて森下愛子演じるマコトの母をよりコミカルにキャラとして確立されていて、時折フッと笑わせてくれました。

レビュー投稿日
2018年7月31日
読了日
2018年7月31日
本棚登録日
2018年7月31日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春...』のレビューをもっとみる

『骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする