世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

3.49
  • (506)
  • (892)
  • (963)
  • (332)
  • (105)
本棚登録 : 9297
レビュー : 1071
著者 :
nogisanさん 小説   読み終わった 

世界から1つ何かを消すと1日寿命を延ばすことができるというお話。

世界から電話が消えたなら
世界から映画が、時計が、猫が、僕が消えたなら。

考えたこともなかったのでとても新鮮でおもしろかった。
電話や時計のない世界ってどんなのだろうと
想像すると不思議な気持ちになった。

ポップな悪魔が出てきたり、
しぶい喋り方をする猫が出てきたり、
キャラクターがいい。

母親からの手紙はすごく感動した。

切なさと、温かさがある作品。

レビュー投稿日
2019年11月4日
読了日
2019年11月4日
本棚登録日
2019年10月14日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世界から猫が消えたなら (小学館文庫)』のレビューをもっとみる

『世界から猫が消えたなら (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする