本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」

3.23
  • (4)
  • (23)
  • (28)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 258
レビュー : 41
nogu-tさん  未設定  読み終わった 

Kindle第2世代までのプロジェクトにかかわった著者による電子書籍をめぐるあれこれエッセイ。
「本」というフォーマットや「読書」という行為について決して人類固有の普遍的なものではないのだ、というスタンスや、メディアの占有率の話から考えるところなんかは改めてそうだよなぁ、と思うところもあったけれど、全体的には微妙。去年から撤退が報じられているNookの話がやたら出てきたりするのも、これはいつ書かれた話?という気がするし、ePubがアドビ独自のフォーマットだ、とか出てたりすると、んん?と思ってしまう。

この本がどういうところで書かれた(発表された)ものだ、などの情報もないし、どうせなら訳注つければ?と思うところもあって、タイトルで勝負する、ちょっと雑な本だと思ったのが正直なところです。

レビュー投稿日
2014年7月9日
読了日
2014年7月9日
本棚登録日
2014年7月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『本は死なない Amazonキンドル開発者...』のレビューをもっとみる

『本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする