原点から考えるオンライン出版――著作権と電子書籍の流通 (ユニ知的所有権ブックス)

4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
著者 :
nogu-tさん  未設定  読み終わった 

著作権に詳しい、弁護士さんによる「電子出版」論。図書館から借りたので、第二部の著作権まで読み切れず、第一部の「オンライン出版発展の鍵ー出版社・電子書店・閲覧端末の位置付け」まででいったん返却。
本の中ではあえて「オンライン出版」という言葉を使い、自動公衆送信装置を利用した送信方法による、送信可能権に基づく出版、と定義して話を進める。この辺はいかにも弁護士さんが書いた本!って感じで雑に読むと混乱しかねないが、要は「出版社が著者から許諾を受けて、インターネットを使ってユーザーに配信する出版方法」であることには違いない。
その中で、閲覧端末はどうあるべきか、電子書店のあり方は、といったところまで述べられる。概ね納得・賛同する(端末についてはもう少しユーザーに寄るというか、思うところはある)し、実現してほしいと思う内容。「印税を左右するのが書店なら、再許諾するにすぎない出版社を中抜きせよ、という声はやがて出てくるだろう」という主張は正鵠を射ていて、耳が痛い。

レビュー投稿日
2014年7月11日
読了日
2014年7月11日
本棚登録日
2014年7月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『原点から考えるオンライン出版――著作権と...』のレビューをもっとみる

『原点から考えるオンライン出版――著作権と電子書籍の流通 (ユニ知的所有権ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする