灯台守の話 (白水Uブックス175)

4.07
  • (24)
  • (21)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 248
レビュー : 30
制作 : 岸本 佐知子 
noguo1975さん  未設定  読み終わった 

ジョン・アーヴィングの「神秘大通り」に出てきた作家で、興味本意で手に取った一冊。
これが当たりで面白かったです。
ひょんなことから孤児になった主人公とその子の養父となる灯台守、それから200年ほど遡った時代に生きた二人の女性の間で二重生活を送る牧師、二つの物語が灯台を中心に交錯して一つの太い物語になっていきます。
初めて読んだ作家ですが、久しぶりに著作を集めてみようと思いました。

レビュー投稿日
2017年11月22日
読了日
2017年11月22日
本棚登録日
2017年11月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『灯台守の話 (白水Uブックス175)』のレビューをもっとみる

『灯台守の話 (白水Uブックス175)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする