生きながら火に焼かれて

3.64
  • (98)
  • (109)
  • (250)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 774
レビュー : 183
nonanano15さん ノンフィクション   読み終わった 

表紙のインパクトがすごすぎて、前から気になってたけど、ふと手にとったので読む。
題名から戦争の話かと思っていたら、火をつけたのは彼女の家族だった。
信じられないような凄絶な内容だった。女の人の命は、家畜よりも軽んじられている。こういうことが今もまかり通っているとは。
イスラム圏で女の人が外に出て行くことが難しいということは漠然と知っていたけど、それは女の人をそれだけ大事にしているからかと思っていた。
文化=常識が違うっていうことがどんなことか考えさせられた。
絶対に間違ってると思うけど、この村の男の人たちが悪人なのではなくて、それがごく当たり前になってしまっている世界の背景も理解しなくてはいけないわけで。
それが名誉に関するなら、確かにものすごくデリケートで難しい問題だ。

レビュー投稿日
2012年6月27日
読了日
2008年1月15日
本棚登録日
2012年6月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『生きながら火に焼かれて』のレビューをもっとみる

『生きながら火に焼かれて』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする