これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講

3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
nonchan53さん Kindle Unlimited   読み終わった 

様々なジャンルの人との対談で、どれも興味深い。
東浩紀氏と平野啓一郎氏しか知らなかった。
必然的な「強いつながり」は動物的、偶然的な「弱いつながり」は人間的。偶然的なものをいかに確保するかが重要。
「予防医学のパラドックス」が面白い。
日本人は健康にいいことをほぼしてないのに長寿なのは、他人への信頼感が関係しているとか。
経済の話が腹立たしい。上位8人の資産が、下位50%の人々の資産と等しい。企業の利益も内部留保も右肩上がりなのに、賃金はどんどん下がってる。
資本主義は行きつく所まで行ってしまったので、ソフトランディングさせる必要があるらしい。
デザイナーの原研哉氏も、今は資本主義の末期と言っている。何でもいいから、賃金上げて欲しい。
欧米にサルは生息してない、というのは初めて知った。

レビュー投稿日
2020年10月31日
読了日
2020年10月31日
本棚登録日
2020年10月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『これからの教養 激変する世界を生き抜くた...』のレビューをもっとみる

『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』のレビューへのコメント

コメントをする場合は、ログインしてください。

『これからの教養 激変する世界を生き抜くための知の11講』にnonchan53さんがつけたタグ

ツイートする