木山捷平全詩集 (講談社文芸文庫)

4.33
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
著者 :
反順応者さん 文学   読み終わった 

木山捷平の詩が面白いとネットで見たのだが廃刊になっていて今まで読むことができなかった。
しかしこの度めでたく復刊。
というわけで早速読んだのだが、評判(復刊)になるだけある理由が分かった。
第一詩集の「野」からぶっ飛んだ。
「うんこ」やら「小便」やら・・・大正から昭和初期にかけての生活に根ざしたアバンギャルド。
現代でこういう文章を書く人は珍しくないけれど、当時としては真っ当な評価はされなかっただろうな。
文学界のインディーレーベルともいえる講談社文芸文庫から出版されているのも納得。
反面、第二詩集「メクラとチンバ」(タイトルからして凄い)ではふるさとの土臭い感じがまた「野」とは違った味わいの詩作を見せている。
未発表詩篇での俳句・短歌だけ読むと「野」は一体何だったんだと思わせてしまう。
興味深い作家さんだなあ。
詩よりも小説がメインの人なので、小説を読むのが楽しみになってきた(文芸文庫からだから高いのが難点だけど・・・)。

レビュー投稿日
2009年3月14日
読了日
2011年2月8日
本棚登録日
2009年3月14日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『木山捷平全詩集 (講談社文芸文庫)』のレビューをもっとみる

『木山捷平全詩集 (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする