愛の嵐 (CITRUS NOVELS KISSと海賊 3)

4.00
  • (5)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
野々さん 五百香ノエル   読み終わった 

冒頭から攻と受のおっかけっこです。
漸く受を見つけ出した攻が必死に受を捕まえようとするんですが、怯えた猫のように逃げ回る受に、ついにあの天上天下唯我独尊な攻が折れて懇願します。

このシーンにスカーッッとします、攻に対して。

そっからはもうどっっぷり甘々なBLお約束の桃色展開。
プライドの壁が瓦解して、攻に対して自分の本当の気持ちを吐露する受にもきゅんきゅんしてたまりません。
ただ「いい子ちゃん」だの「可愛い子ちゃん」だのオッサンみたいな歯が浮くセリフの連発に苦笑……。

で、普通のBLはそこで円満に適当に物語をしめてメデタシメデタシなんですが、たった僅かな逢瀬を終えて受は、攻のために反乱の渦に身を投じてゆくとかね。
なんだかもうね、1巻目の我儘で気位高いお坊ちゃま王子さまが、この成長ぶり。
炎を背に敵に攻め込んでいく受、おとこらしい!

レビュー投稿日
2012年5月4日
読了日
-
本棚登録日
2012年5月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛の嵐 (CITRUS NOVELS K...』のレビューをもっとみる

『愛の嵐 (CITRUS NOVELS KISSと海賊 3)』に野々さんがつけたタグ

ツイートする