明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底力 (中公新書)

3.32
  • (4)
  • (10)
  • (19)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 187
レビュー : 18
著者 :
nonnomarukariさん  未設定  未設定

明治維新政府で多くの旧徳川幕府の人間が行政マンとして働いていたというお話。幕末の時に朝廷から攘夷しろと命令されたことに対して幕府内で朝廷に政権を返上しようという意見があったというのは驚いたが、徳川幕府成立から話が始まっているので正直前置き長いなと感じた。高尚な理想を掲げた維新政府にしても色々な政府のお仕事を幕臣なしにするのは無理だったんだな・・。

レビュー投稿日
2015年4月21日
本棚登録日
2015年4月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底...』のレビューをもっとみる

『明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底力 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする