スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

4.09
  • (227)
  • (242)
  • (116)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 2275
レビュー : 234
制作 : 外村 仁 解説  井口 耕二 
nonnoさん 自己啓発   読み終わった 

最近、会社でiPad使い初めたのを機に、ジョブズについて興味を抱き、読んでみたが、これも“当たり本”でした!いろんな気付きと刺激があった。

アップル製品はiPod nano位しか使ってなかったけど、操作性が良くてシンプルだなって思ってたけど、iPadもすごく分かり易く、便利で簡単!なによりも、無数なアプリ、、、、この仕組みを作り上げる発想がすごい。iPodも製品単体としてはソニーのウォークマンと一緒だけど、iTunesの仕組み
こそがイノベーションだよね。

そもそもアップルPCのMacって、オタク系やプロ系の人のものと思ってたけど、ジョブズの目指していたもの(ビジョン)は、「世の中の人達にコンピュータを普及させ、人々の夢の実現を手助けする製品をつくること」だったそうだ。全く知らなかった。あまりに高尚で壮大なビジョン。

壮大なビジョンを掲げて、それに本気で取り組むとき、イノベーションって起こるんだなと、理解しました。前に読んだ、「思考は現実化する」とはまさに共鳴する内容。

あとは、自分の気持ちに素直に、本気で取り組める、心の底からやりたいこと、やりたかったこと=“思い”を解き放てるかどうかか。

レビュー投稿日
2012年5月25日
読了日
2012年5月18日
本棚登録日
2012年4月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーショ...』のレビューをもっとみる

『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする