アレクサンドル一世―ナポレオンを敗走させた男 (中公文庫BIBLIO)

  • 中央公論新社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 3
3

世界的にはナポレオン時代というのは面白い時代なのかもしれない。
西欧の王族がなんだかんだいって血族であるのに、突如現れた、どっかの馬の骨のナポレオン・ボナパルト。
下克上時代の到来。
その時代に当時最も大きな帝国の主だった「極めて優柔不断な」君主アレクサンドル1世。

政治的記述が複雑すぎて、どこがどう優柔不断なのかわからず、私の読解力のなさが露呈してしまった。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2012年9月2日
本棚登録日 : 2012年9月2日

みんなの感想をみる

ツイートする