二重壁・なまけもの 開高健初期作品集 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (2004年12月11日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
3

個人的に、表題作「なまけもの」が開高作品のなかで特に気に入っている。
戦後の闇市を舞台に、苦学生の堀内と沢田が意にそわない選挙運動を手伝うことになる。
混沌とした都市の熱気。権力を渇望する人々のエネルギー。それらを開高独自の形容詞と畳み掛けるような文体で表現されている。

言葉の躍動と疾走感がある。
読後は爽快。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2012年8月10日
本棚登録日 : 2007年12月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする