一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

4.09
  • (743)
  • (743)
  • (388)
  • (58)
  • (19)
本棚登録 : 7287
レビュー : 741
制作 : 高橋和久 
ノブさん 小説   未設定

不朽の名作。
いままで読んでなかったのを後悔したくらい。

<ビック・ブラザー>が支配する全体主義国オセアニア。
主人公のウィンストン・スミスは真理省で働く党員。歴史の改竄が主な仕事だが、体制に不満を抱いている。気持ちや感情を表わすことは重罪であるが秘密裏に日記をつけ始める。それほどに世の中に疑問をもっている。
ある日、同じ省で働く黒髪で美貌のジュリアと知り合い、ってところから怒涛の展開。

読んでみて実感することは小説として面白いということ。体制に監視されながら二人が密会する展開はスリルがあってドラマ性がある。一緒に働く同僚たちの人物造形もうまい。それぞれの細かい個性や性格、家族構成がその後の生死を分けてしまう理不尽さ。各家に設置されたテレスクリーンが常時国民を監視している息苦しさとそこから逃れようと創意工夫する主人公の姿は面白い。

ウィンストンの日々の仕事に厭きる描写もいい。歴史改竄に対する疑問や、何の意義や意味があるのかさえ分からない日々の業務。それに追われる虚しさと倦怠感。多くの人の莫大なエネルギーと徒労の積み重ねのなかで支えられる体制。働くウィンストンを通して巨大システムの歯車として動かざるを得ない無数の人の悲しさを表しているようだ。

書かれた時代とタイミングのせいか、ジョージ・オーウェルの「1984年」は共産主義国家ソ連を批判した「反共の書」の象徴として評価され読み継がれてきた。だから小難しい内容かと長らく敬遠してきた。だが、そうした時代や政治性を割り引いて読むと、この作品が豊かで多様な読みができる優れた普遍的なテーマを扱った小説であることがわかる。

歴史の改竄作業は歴史認識論争で騒がしい国々を思い浮かべる。過去を改変できるとは現在を正当化すること。すなわち未来をも支配できる。まさにいま世界中の国家が欲していることだ。
ニュースピークはあらゆる国で社会の至るところにある。意味の分からない略語や職場で使われる隠語などは最たる例だろう。語彙が少ないほどものを考えなくて済む。小説では人民支配のためだが、現代では効率とスピードのためと言い換えることができる。
「自由は隷従なり」。「戦争は平和である」。矛盾を乗り越えようとする弊害と魅力を孕んだ二重思考も今日的である。国だけでなく個々人もこんな考え方は生活のなかで誰もが日々行っている。ブラック企業の求人募集などもいい例である。本音と建て前を使い分けることが大人の嗜みと言っているうちに、僕らは何が本音か分からなくなり、いつしか自由すら忘れている。


こんな台詞が出てくる。「自由とは二足す二が四であると言える自由である」。一番いろんなことを考えた。胸に響いた。
2+2は本当に4か。含まれる意味や比喩は深く重い。多用な読みが可能だ。
式を政治的言説に置き換えて考えてみるといい。
答えを知っていても言わないときがある。時と場合によっては2+2は5にも9にもなる。そもそも普段から声高に答えているのか。実は2+2が4と言えないほどの状況で暮らしているのに自分は自由だと勘違いしているだけかもしれない。

と、つらつらとレビューを書きたくなるが、こんな素人のレビューより、読み終わったら巻末のトマス・ピンチョンの素晴らしい解説を読んでほしい。これだけで充分です。

レビュー投稿日
2015年3月21日
本棚登録日
2015年2月25日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文...』のレビューをもっとみる

『一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする