忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)

3.77
  • (41)
  • (114)
  • (54)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 1026
レビュー : 131
制作 : 土屋 政雄 
ノブさん 小説   未設定

過去を忘れることで平穏に暮らせるのなら、忘れることは良いことなのだろうか。
この小説のテーマを要約すると一文で終わってしまう。しかしこれほど現代的なテーマはない。

霧に覆われたブリテン島。島の住人は霧のせいで過去の記憶を思い出せない。昔、何があったのか覚えている者は誰もいない。老夫婦だけが過去の記憶の断片をときに思い出す。なぜ皆すぐ忘れてしまうのだろう?夫婦は訝り、健忘の原因を探しながら遠方に住む息子に会うため旅にでる。
アーサー王伝説を下敷きに戦士との出会いや騎士との戦闘、竜や鬼退治といったファンタジーな展開に著者の小説の読者なら多少まごつくだろう。だが、他の作品と同様、本作も物語の核となるのは「記憶」を巡るものだ。

霧という比喩を通して、著者が描こうとしたものは何か。個人や集団同士が憎しみ合うのは過去に因縁があるからだ。互いの過去をすっかり消してしまったら、憎しみ合う理由も消える。それによって一国に平和がもたらされるのなら忌まわしい過去はなかったことにしよう。都合が悪い記憶は消去しよう。
覆われた霧は偽りの平和を保つための策か。それとも人々が妥協し作り上げた共存のための知恵か。現代世界に当てはめ考えるほどますます答えは出てこない。が、でもそれは、人が生きていく上で考えねばならぬ避けて通れない問いだ。


ブリトン島を覆う霧の正体や2つの民族間(ブリトン人とサクソン人)で起きた忌まわしい過去、そして老夫婦の過去も物語の最後で明らかになるがネタバレになるので省略。しかし、夫婦のエピソードは本作のひとつの答えでないかと思う。
老夫婦をめぐる最後の結末は何を意味するのか。読み終えた人しか分からないと思うが、こうだと思う。すなわち、憎すら愛の構成部分である。憎を生まないために過去を忘れ記憶を消すなら、愛も同時に消える。


夫婦の小さな話を民族対立や国同士の大きな物語に広げることには無理がある。
それを承知の上で、それでも記憶を消す、過去を忘れるとはどういうことなのか。
「忘れられた巨人」は、神話的でファンタジーな表層とは裏腹に現代的かつ普遍性を帯びた問いを突きつける。

レビュー投稿日
2018年10月8日
本棚登録日
2018年8月12日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)』のレビューをもっとみる

『忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする