秘密 (文春文庫)

3.92
  • (3634)
  • (3426)
  • (3507)
  • (374)
  • (80)
本棚登録 : 27462
レビュー : 2682
著者 :
noriemiyakeさん  未設定  読み終わった 

とにかく、ラストがショックだった。
自分の希望とは違ったというだけの話なのだが、直子と平介は夫婦であってほしかったと願う。
身体は藻奈美でも、心が直子な以上、やはり、直子なんだと私は思う。
だからこそ、彼女が藻奈美として生きる結論を出したのは悲しかった。
ずっと夫婦であるだけの愛情あふれたストーリーを無意識に期待していた節があるのかも。
とにかく、哀しかった。

文体は読みやすく、展開が追いやすい。
また、背景描写も適度で、いちいち注視して追っていかなくてはならないほどではない。

設定なのだが。
これは、妻の体に娘、ではなし得なかった雰囲気づくりだと思う。
娘の身体に妻、だからある大人の苦悩や恐怖や哀しみなのだろうと思う。
そのへんの選びようというか、持って行き方がすばらしいと思った。

レビュー投稿日
2014年8月27日
読了日
2014年8月27日
本棚登録日
2014年8月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『秘密 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『秘密 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする