遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ)

3.58
  • (5)
  • (23)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 184
レビュー : 18
制作 : Richard Dawkins  垂水 雄二 
norifさん その他   読み終わった 

遺伝子を川の水に、種の分化を川の分岐にたとえた説明が分かりやすかった。『利己的な遺伝子』よりこの本の方が自然の無情さを強調しているように思う。『祖先の物語』、『虹の解体』の参考文献。
(2014/09/21追記)
第5章「自己複製爆弾」がSF的。
第一臨界点「自己複製子臨界点」:偶発的な誤りが発生する自己複製システム
第二臨界点「表現型臨界点」:他のものに影響を及ぼす自己複製子
第三臨界点「自己複製子チーム臨界点」:細胞内の他の遺伝子と協力する遺伝子
第四臨界点「多細胞臨界点」:他の細胞との関係で細胞の行動に影響を及ぼす遺伝子
第五臨界点「高速情報処理臨界点」「神経系臨界点」:自己複製子より高速で動作する装置
第六臨界点「意識臨界点」:意識
第七臨界点「言語臨界点」:言語
第八臨界点「協同的技術臨界点」:協同的な技術の発達
第九臨界点「電波臨界点」:母惑星の外界からの認知の可能性
第十臨界点「宇宙旅行臨界点」:生身の人間による宇宙旅行

レビュー投稿日
2017年9月24日
読了日
2014年9月5日
本棚登録日
2017年9月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ)』のレビューをもっとみる

『遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ)』にnorifさんがつけたタグ

ツイートする