民藝とは何か (講談社学術文庫)

3.53
  • (8)
  • (8)
  • (22)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 177
レビュー : 21
著者 :
noireさん 美術関係   読み終わった 

名もない人が、生活のために拵えたもの。

過剰さも、個性もいらない。無駄なものがないからこそ、美しい。

わたしは、芸術なんて無駄なもの、ないならないで過ごせるもの、個性的で唯一無二のもの、でもなかったら、寂しくて自分の心が求めるもの。という風に思っている節がありまして、

その対極にあるものが、民藝なのだろうと。

わたしは今、そのような民藝にとても強く心を惹かれています。

レビュー投稿日
2019年5月19日
読了日
2019年5月19日
本棚登録日
2019年5月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『民藝とは何か (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

『民藝とは何か (講談社学術文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする