新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)

4.10
  • (44)
  • (54)
  • (31)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 555
レビュー : 49
制作 : 下村 隆一 
noireさん    読み終わった 

結構くせがある書き方なんだなぁと思う。

翻訳ってのもあるんだろうけれど。

国によって、日本語に訳しても、その国の考え方であったり、表現の仕方であったりというクセがある。

多分フィンランドの作家さんは初めてだったから、ちょっと慣れないところがあったのだろうと思う。

そういえば、「ヘイフラワーとキルトシュー」っぽい感じがあるかも。各自自由なことをしていてドタバタしながら、突拍子もないことが入り込んできて、まぁそれもいいじゃない、と大団円、みたいな。


それって、とっても幸せなお話だなぁなんて、思う。


意外だったのは、ミーサの存在。あんまりお話でこういう厄介な人、出てこないよね。

それもいいじゃない、そんなのもアリよ、という懐の深さは、とてもいいなと思った。

レビュー投稿日
2014年10月12日
読了日
2014年10月12日
本棚登録日
2014年10月12日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文...』のレビューをもっとみる

『新装版 ムーミン谷の夏まつり (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする