ホラー系でしか知らなかった作家だけど、デビュー時はこんな作風だったのかと新鮮な思い。これでも平成の作品というのも感慨深い。

2020年2月15日

読書状況 読み終わった [2020年2月15日]
カテゴリ マンガ図書館Z

本編の市役所戦にむけて、重なる部分が増えてきて、続巻への期待感が増してきた。

2020年2月16日

読書状況 読み終わった [2020年2月16日]
カテゴリ マンガ

全20巻と帯にあるが、示される読了の目安時間とあわない感じがした。いくらリーダビリティにすぐれた吉川英治でもそれはないだろうと思ったら、章の数のようだ。
青空文庫の書誌を見ると、元は雑誌連載、その回数かもしれない。講談社吉川英治文庫では2巻本。
読むきっかけとなった忠臣蔵映画とは異なり、吉良上野介の人物像も立体的で感心した。

2020年2月6日

読書状況 読み終わった [2020年2月6日]
カテゴリ Kindle

社会階層や国家の在り方、ヒンドゥー教やギリシャ思想との交流から仏教の発展が描かれている部分は、仏教の専門家が書いたものとは異なる明解さがあり「わかる」ものになっている。
単行本から10年以上経って、文庫においての改稿もなされているのに、日蓮が殺されそうになった土地が、龍ノ口でなく滝の口となっているのはなぜなのか。(ほかのレビューを見ると親鸞についても疑問が呈されていた)。「わかる本」あるあるなのかもしれないが、日本についての記述は注意が必要かもしれない。

2020年1月25日

読書状況 読み終わった [2020年1月25日]
カテゴリ Bookwalker

前書きの文章がとても印象的で、テーマより先に良質な文章に出会えた嬉しさを感じた。
これまで読まなかったことを、非常に損をした気分にすらなった。

2018年9月8日

読書状況 読み終わった [2018年9月8日]
カテゴリ 図書館

ビッグデータという言葉の使い方に違和感が。

2017年12月11日

読書状況 読み終わった [2017年12月11日]
カテゴリ 小説

大モルトケのエピソード。「もっとも、軍人に憧れていたというわけではなく、賭けが苦しくなっていたから士官学校に入るよりほかに教育を受ける道がなかった」「本当は考古学を専攻し、大学教授になりたかったというのが、彼の打ち明け話である」
(p105)というのは、銀英伝のヤン・ウェンリーのエピソードの元ネタなのかと思った。

2017年11月7日

読書状況 読み終わった [2017年11月7日]
カテゴリ 図書館

P151「帝国軍の将校キャラ」って、銀英伝なのだろうか。

2017年3月20日

読書状況 読み終わった [2017年3月20日]
カテゴリ マンガ

11人の棋士へのインタビューが収録されている。
2016年末から年始にかけてスマホ・カンニング疑惑で揺れた将棋界。出版されたのは事件の前だが、将棋ソフトが人間の棋士を追い越す中でナーバスになっている背景を伺うことができる。
勝ち負け、強さ(レーティング)に収まらない将棋の世界への広がりを感じさせてくれる。事件の対応に失望している人にこそ読んでもらいたいと思える本。

2017年1月25日

読書状況 読み終わった [2017年1月25日]
カテゴリ その他

イルミナティとかフリーメーソンとかが出てきて、これはどこまで本当で、どこまでが小説なのか。

元公安マンという筆者の素性を合わせると、いろいろ複雑な心境になれる一冊。

LINEがスパイウェアと名指しで書かれていたりするのも、LINEの会社は本気で対応を考えたほうがいいなと。(アドレス帳を送る機能は、選択できるように修正されているかと思うし、その手の機能を本気で止めるとそもそもスマホもインターネットもほとんど使えないのでは?)

割とテクノロジーで解決的な運びだが、情報セキュリティ系の記述については、誰か専門家がツッコミを入れてほしい。

でもゴルゴ13が好きな人は楽しく読めると思います。
おすすめです。

2017年1月18日

読書状況 読み終わった [2017年1月18日]
カテゴリ 小説
ツイートする