頼子のために (講談社文庫)

3.59
  • (88)
  • (143)
  • (239)
  • (22)
  • (2)
本棚登録 : 1088
レビュー : 134
著者 :
norimotokさん 本>ミステリー   読み終わった 

そうか。真相はここまでむごいか。頼子の寂しさ、母親の業の深さ、父親の浅はかさ。ミステリーとしては最上級だが、家族の物語としては最悪だ。

レビュー投稿日
2016年2月17日
読了日
2016年2月17日
本棚登録日
2016年2月17日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『頼子のために (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『頼子のために (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする