共震 (小学館文庫)

3.70
  • (12)
  • (19)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 156
レビュー : 9
著者 :
norimoさん 小説   読み終わった 

東日本大震災から2年経った宮城県が舞台。震災復興担当の県職員が殺害された事件を新聞社の記者・宮沢、県警の捜査員・門間、警視庁捜査2課の警視・田名部がそれぞれ追う。
真剣になると充血する人たちが多い。
震災直後の回想は事件とは関係ない。書きたくて無理に詰め込んだ感じ。

レビュー投稿日
2016年7月8日
読了日
2016年7月8日
本棚登録日
2016年7月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『共震 (小学館文庫)』のレビューをもっとみる

『共震 (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする