なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を活かす「分化」の組織論 (新潮選書)

3.57
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 8
著者 :
norisukeさん ビジネス   読み終わった 

本書は、工業化社会では、少品種大量生産に適した均質化された人材・自分を殺して組織に貢献する同質なチームワーク(=仲間意識が強く、突出を嫌ってお互いに足を引っ張りあう共同体型組織)と、それを管理するピラミッド型組織が威力を発揮したが、情報化、グローバル化、ソフト化に代表される『ポスト工業化社会』」では、このような従来型の組織は全く通用しなくなった。そして、突出した能力を持つ人材が活躍できるように、組織をフラット化し、個人毎の権限や役割を区別・分離させる(分化させる)べし、と説いている。
どうすればこのような組織にスムースに移行できるのか、なかなかイメージするのは難しい。組織をフラット化して部下に仕事を丸々任せるには勇気がいるし、任せるに足る人材を育てないと…。ヒントになるのは、著者が指摘している、「満足基準」と「最適基準」をうまく使い分ける、ということなのかもしれないなあ。

レビュー投稿日
2017年8月10日
読了日
2017年8月10日
本棚登録日
2017年8月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を...』のレビューをもっとみる

『なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を活かす「分化」の組織論 (新潮選書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『なぜ日本企業は勝てなくなったのか: 個を活かす「分化」の組織論 (新潮選書)』にnorisukeさんがつけたタグ

ツイートする